>> HOME >> ビデオライブラリー

ビデオライブラリー

オクラホマ州保安官代理「スタンガンと間違えて」発砲

Update: 2015年4月16日

オクラホマ州で、保安官代理が黒人男性に発砲、死亡させたとして、殺人罪で起訴されました。保安官代理は銃とスタンガンを間違えたと主張しています。

過失致死の疑いで第2級殺人罪に問われているのは、ロバート・ベイツ被告、73歳です。ベイツ被告は今月2日、銃器と薬物の密売の容疑がかけられたエリック・ハリスさんに対するおとり捜査で、捜査に気づき逃走したハリスさんをスタンガンを使って取り押さえるべきところを拳銃で発砲したということです。ハリスさんはその後、搬送先の病院で死亡しました。

タルサ郡の保安局は、映像でベイツ被告が発砲の直後、驚いて銃を落としたのを確認することができ、それが故意ではなかったことを示していると強調していますが、遺族側はこの主張を「銃とスタンガンを間違うなどありえない」と信憑性にかけるとしています。

ベイツ被告は、保険会社のCEOの傍ら、2008年からボランティアで保安官代理を務めていたということです。被告は14日に自ら出頭し、2万5000ドルの保釈金を払って、現在は釈放されています。今回の事件では、高齢で職員ではないベイツ被告に、危険度の高いおとり捜査に出動させたタルサ郡保安局の管理体制を批判する声も出ています。 

映像の著作権により動画配信できないものがごさいますので、あらかじめご了承下さい。
Check LINEで送る
動画カテゴリー
  • ニュース
  • トレンド
  • グルメ
  • イベント
  • インタビュー
  • トラベル
  • ピックアップ


RevI_imonoSat.jpg

番組表
NY/NJ/CT
Washington DC
Chicago
Los Angeles
San Francisco
Seattle
Honolulu
放送に関するお知らせ