>> HOME >> ビデオライブラリー

ビデオライブラリー

米歌手プリンスさん死去 「レジェンド」への軌跡

Update: 2016年4月28日

世界的人気を誇るアメリカのロック歌手、プリンスさんが、21日、ミネソタ州ミネアポリス近郊の自宅兼スタジオで57歳の若さで亡くなり、アメリカではこの一週間、大きく報じられていました。

<プリンスさん突然の死>

プリンスさんは自宅のエレベーターで意識不明の状態で発見され、のちに死亡が確認されました。亡くなる一週間前には、アトランタでのコンサートのあと自家用ジェット機で帰路についた際、体調不良でイリノイ州に緊急着陸し、病院で治療を受けたということです。プリンスさんは、ここのところインフルエンザで体調が思わしくなかったとされています。

ファンたちは各地で連日追悼イベントを行っています。人気の楽曲「パープルレイン」にちなみ、参加者が紫の服に身を包む追悼集会が行われたり、観光名所のタワーなどが紫色にライトアップされるなど、スターの突然の死を悼む動きは世界中に広がりました。

<米音楽界「レジェンド」の軌跡>

ABCニュースでは、プリンスさんのミュージシャンとしての足跡を数々の名曲とともにつづっています。ジャズ、R&B、ソウル、ファンク、ヒップホップなど多彩なサウンドをロックに織り交ぜ、ジャンルを超えた音楽のパイオニア的存在となったプリンスさん。身長158センチのという小柄な体とは思えない、圧倒的なステージパフォーマンスで、世界に名を轟かせました。

1958年、ミネアポリスで生まれたプリンスさんは、わずか7歳で作曲をはじめ、19歳でデビュー。80年代には中性的なルックスときらびやかな世界観を作り出す独特のステージ演出で、マイケル・ジャクソンさんやマドンナさんと並ぶ、時代を代表するトップアーティストとなりました。「Kiss」、「Little Red Corvette」、「When Doves Cry」などヒット作を連発し、これまでに7度のグラミー賞を受賞しています。自身が主演と音楽を務めた1984年公開の映画「パープルレイン」では、アカデミー賞歌曲編曲賞を受賞し、人気を不動のものにしました。

自身の楽曲ですべての楽器を演奏していると言われるとおり、演奏能力でも高く評価され、2004年、ロックの殿堂入りを果たした際のギターパフォーマンスでは、その最高峰の技術を世に知らしめました。ローリングストーン誌が選ぶ史上最高のアーティスト100人の1人に名を連ねるなど、世界を代表するスターとなったプリンスさん。その一方で、私生活をあまり公表しないことでも知られ、これまで発表された数百曲の楽曲のほかに、スタジオ内には未発表曲が数千曲あるとも噂されています。

楽曲の権利をめぐってレコード会社と対立した90年代には、「プリンス」の名を改め、発音できない記号を名前にして活動したこともありました。その理由をプリンスさんは1999年のインタビューで「自分の心の奥を見つめ、人生を変えて新しいステージに向かおうと思った。名前を変えることで昔の自分と決別しようと思った」と語っています。2000年代には再びプリンスの名に戻って活動を再開しました。今回の突然の訃報に、プリンスさんの往年のヒットアルバムが、最新のビルボードの音楽ヒットチャートで再びトップを記録しています。

映像の著作権により動画配信できないものがごさいますので、あらかじめご了承下さい。
Check LINEで送る
動画カテゴリー
  • ニュース
  • トレンド
  • グルメ
  • イベント
  • インタビュー
  • トラベル
  • 注目のPR情報
  • ピックアップ

2016_BANNER_flowernet-mothersday.jpg

番組表
NY/NJ/CT
Washington DC
Chicago
Los Angeles
San Francisco
Seattle
Honolulu
放送に関するお知らせ