BLOG
ブログ

和でも洋でも楽しめるターキー!

皆様、こんにちは!

先日のFCIの料理コーナー、America's Kitchenで

和テーストのターキーをご紹介させていただきましたが、

ターキーはさっぱり淡白なので和でも洋でも色々と対応できます。

これからの季節、ターキーの水炊きも美味しいですよ♪

IMG_4986.JPG

パサパサとは無縁、かなりジューシーに仕上がったターキー!!

IMG_4982 2.JPG

こちら和風ターキーとおこわの作り方のビデオはこちらをご覧ください

IMG_4990.JPG

おこわにはターキーソーセージを使って

アメリカ人にも喜んでもらえるようしっかりとした味わいに仕上げましたが、

シンプルにターキーの胸肉を小さくカットしたものでも日本人には十分美味しいです。

IMG_5152.JPG

実はこのターキーソーセージ、おもてなしのおつまみとしても大活躍します。

このようにフライパンで焼いたソーセージを輪切りにして

その上にピーナッツバター(またはアーモンドバター)、

葡萄の輪切り、フレッシュタイムにスライスアーモンドをのせてみたら

お口の中でまさにパーティー!!!!

超簡単だけど美味で楽しいおつまみが出来上がります。

IMG_5893.JPG

そしてこちらは息子も大好き、ターキーのそぼろです!

鶏肉よりふわふわに仕上がって卵との相性もバッチリなので、

親子丼ならぬターキーそぼろの他人丼?など如何でしょうか。

私はアメリカでもオンラインで購入できるようになった

大好きな茅乃舎の出汁(粉末)を、袋から破ってこのような容器に入れ

必要な量を調味料がわりに使ったりもします。

私のオススメターキーそぼろは、

フライパンにごま油(ポイント!)とオリーブオイルを大さじ1づつ熱し、

そこにみじん切りにしたガーリック(大さじ4)と生姜(大さじ2)、玉ねぎ(半個)に

塩少々振ってしっかりと炒めます。

ターキーの挽肉(1 lbs / 450g) を加えしっかり火が通るまで炒めたら、

粉末出汁(小さじ1)、日本酒大さじ3、

醤油大さじ4強、砂糖大さじ2入れてよく混ぜるだけ。

お醤油はお好みによって加減してくださいね。

あとは溶き卵を加えてご飯にのせればそぼろターキー他人丼の出来上がり〜♪

IMG_5046.JPG

クリスマスやホリデーパーティにターキーを焼かれる方も多いのでは。

残りのターキーで炊き込みご飯やおこわも美味しいので

是非お試しくださいね♪

洋でも和でも美味しいターキーなのでした!!

Cheers!!


ツイート  LINEで送る
December 3, 2016 10:21 AMComment(0)
1

Profile

Colton Hideko Colton
http://www.coltonsnewyork.com

料理家、COLTONS NEWYORK代表取締役。
CIA(Culinary Institute of America)で料理の基礎を学ぶ。外資系投資銀行に10年勤務した後、会社を立ち上げる。新聞や雑誌等で幅広く掲載され、2012年より「FCI News Catch!」の料理コーナーに出演中。クラスは日本からお忍びで参加する芸能人や旅行者、そして現地駐在員の奥様でいつも満席。メンバーは1,500名を超える。初めての著書「NYのおもてなしレシピ」が講談社より好評発売中。

rss instagram facebook

Instagram

facebook

Recent Posts

カテゴリー/Categories

月別アーカイブ/Archives

Search

FCI TV SCHEDULE
放送局・スケジュール

Back to Page Top