TOP > ブログ> Alex York's Blog> イタリア/Italy

BLOG
ブログ

自家製ジェラート! / Homemade Gelato!

FiordilatteGelato2.JPG

  

Tried my hand at making some homemade gelato. Just pure milk flavor--no vanilla--which allows you to enjoy the milk's richness and creaminess 100%.
自家製ジェラートに挑戦させていただきました。
バニラも控えた、純度の高いミルク味なので、牛乳特有の濃厚さ・クリーミーさを思う存分楽しめます。


In Italian, this type of gelato is called "Fior di latte", which literally means "flower of milk". Suddenly I long to go back to Italy... on a gelato tasting spree!
このタイプはイタリア語で「Fior di latte」(フィオール・ディ・ラッテ)、すなわち「ミルクの華」と呼ばれています。
ジェラートを目当てに、近々またイタリアに行きたくなりました!

 

All the best,
どうぞよろしくお願いいたします。

 

Alex York
アレックス・ヨーク


ツイート  LINEで送る
August 29, 2016 9:28 AMComment(0)

Comfort Food in the Cold / 寒い日々の癒し

Hey everyone, Alex York here! Over in NYC, the cold days continue, but how's it by you?

皆さん、こんにちは!アレックス・ヨークです。

こちらニューヨークでは、寒い日々が続きますが、そちらは、いかがお過ごしでしょうか?

 

NYWinter.JPG

 
So, this time on the cooking show on which I appear, Ima Shun Cooking (Cooking Now in Season), I learned from cooking guru Hideko Colton (http://ameblo.jp/coltonsnewyork/) how to make Chicken Cacciatora--a dish here nuanced with the seasonal flavor of Swiss Chard. This vegetable not only is a power food rich in nutrients, but it also boasts a delicate sweetness and makes this dish worthy of your kitchen! And in truth, Chicken Cacciatora has always been a favorite and familiar Italian dish to me.
さて、今回は僕が出演する料理コーナー「いま旬クッキング」では、ひでこコルトン先生(http://ameblo.jp/coltonsnewyork/)に今が旬のスイス・チャードを入れた、「チキンカチャトーラ」を教えていただきました!

スイス・チャードは栄養分が多いいわゆる「power food」でもありますし、繊細な甘みが特徴なので、是非いつかお試し下さい。

実は、チキンカチャトーラは、ずっと大好きで、かなり馴染みのあるイタリアンです。

 

CacciatoraCooking.JPG

 
In Italian, this dish is called Pollo alla cacciatora, which means "the hunter's chicken". From that name, I imagine an entree suited to satisfying the voracious appetite of a hunter who's been working in the forest all day. Indeed, Chicken Cacciatora is such: a wonderfully filling dish.
チキンカチャトーラは、イタリア語では「Pollo alla cacciatora」(ポッロ・アッラ・カチャトーラ)と言いますが、「猟師風のチキン」という意味です。

この名前から、ずっと一日中、森で頑張っている狩猟家の、旺盛な食欲を満たすような料理が想像できますね。

チキンカチャトーラは正に、そんな素晴らしく充実した一品じゃないかなと思います。

 

MedievalHunters.JPG

 
As the word "chicken" would imply, that familiar poultry is the standard ingredient for the dish; however, in Italy, pigeon is also used. If you are used to seeing pigeons--those slightly endearing, slightly suspect animals--swooping around cities, you may have reservations about them on your plate, but I can assure you they are surprisingly delicious. In fact, the first time I had cacciatora in Italy, it was made from none other than pigeon.
「チキン」という言葉からも分かるように、鶏肉が定番ですが、イタリアでは、鳩を使うこともあります。
都会を飛び回る、ちょっと可愛らしくて、ちょっと怪しげな鳩を見慣れた方は、少し抵抗があるかもしれませんが、ビックリするほど美味しいです。

と言うのは、僕が初めてイタリアで「カチャトーラ」を頂いた時は、間違いなく鳩のカチャトーラだったからです。

 

RomePigeon.JPG

  

If you're interested, check out the video here! ↓
http://www.fujisankei.com/video_library/cook/chard.php
ご興味がありましたら、どうぞビデオをご覧になっていただければ、とても嬉しいです!↓
http://www.fujisankei.com/video_library/cook/chard.php

 

It's cold out there, so take care in this chilly season.
それではこの時期、風邪など引かれないよう、どうぞ暖かくなさって下さい。

 

Alex York
アレックス・ヨーク


ツイート  LINEで送る
December 14, 2013 9:40 PMComment(1)

Figs Gone Wild / 昔も今もフィグ

Hey everyone, Alex York here! How's it going?

皆さん、こんにちは!アレックス・ヨークです。お元気でいらっしゃいますか?

 

downtownboats.JPG

  
Fall has finally arrived in NYC: It's not quite multicolored leaf season, but the air's certainly gotten a little brisker.
ニューヨークはいよいよ、秋らしくなってきました。まだ紅葉の時期にはなっていないのですが、清々しい風が吹き始めました。

 

AlexYorkHidekoColton_figs.png

 

On that autumnal note, I bring you an episode of Ima Shun Cooking ("Cooking Now in Season") where we made use of one of the gifts of fall: The special ingredient is figs!
ということで、秋の幸を生かした「いま旬クッキング」のエピソードをお届けします。

今回の食材は、今が旬のフィグ(イチジク)です!

 

figcloseup.png

 
When I think of this particular fruit, I can't help but imagine a scene of Ancient Roman aristocrats lounging about, sipping red wine and nibbling on grapes and figs.
僕は、この果物をイメージすると、昔々古代ローマの貴族たちがくつろぎながら、赤ワインを一口づつ味わい、優雅に葡萄とフィグをかじっている、というシーンが浮かびます。

And of course, figs frequently show up as part of an Italian antipasto platter, adorning sliced prosciutto.
そして、プロシュートに添えてイタリアのアンティパストとしてよく食べるフィグでもありますね。

 

ancientromanseating.JPG


This time, I learned from cooking guru Hideko Colton (http://ameblo.jp/coltonsnewyork/) how to make an elegant dish of roasted pork tenderloin dressed in a sauce of said figs. They combine together in surprising harmony!
そこで今回は、ひでこコルトン先生(http://ameblo.jp/coltonsnewyork/)に高級感あふれる一品の「ポークテンダーロインのフィグソース」を教えていただきました。不思議にフィグと豚肉が調和していますよ!


Check out the video here 
-> http://www.fujisankei.com/video_library/cook/fig.php
どうぞ、ビデオをご覧になってください ↓ 
http://www.fujisankei.com/video_library/cook/fig.php

 

figsauce.png

  
All the best,
それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

Alex York
アレックス・ヨーク


ツイート  LINEで送る
September 28, 2013 7:11 PMComment(0)

Nostalgia for pasta / 懐かしいパスタ

Hey everyone, Alex York here!
皆さん、こんにちは!アレックス・ヨークです。 

 

Happily, all's going well here in New York. How's it in your neck of the woods?
おかげさまで、こちらニューヨークでは元気でやっておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

AlexYorkHidekoColtonPasta.jpg

 

This time on FCI Morning Eye's cooking show Ima Shun Cooking (English: Cooking Now in Season), I took on the challenge preparing my beloved Italian pasta dish cacio e pepe. Going with the title of "Now in Season", we used leeks, a current seasonal ingredient recommended by cooking Professor Hideko Colton (http://ameblo.jp/coltonsnewyork/). The leeks added a delicate nuance to the simple flavor of the cheese-based sauce, rounding out the pasta dish to a wonderfully delicious finish. 
さて、僕は、FCIモーニングEYEの「いま旬クッキング」で、大好きなパスタ「cacio e pepe」(カチョ・エ・ペペ)にチャレンジしてきました!「いま旬」という事で、講師でいらっしゃるひでこコルトン先生 (http://ameblo.jp/coltonsnewyork/) お勧めの素材、リークを使う事により、チーズベースのシンプルな味にデリケートな風味が加わり、素晴しく美味しい味に仕上がりました。

 

AlexYorkItaly16.jpg

 

I often enjoyed cacio e pepe when I studied abroad in Italy and while traveling in the country with my family, so, for me, it is a dish brimming with warm memories and nostalgia. So, I was very happy to learn how to make this favorite dish of mine in this episode!
この「cacio e pepe」は、イタリアに留学していた時と、家族と一緒にイタリアへ遊びに行った時に、よく食べておりましたので、僕にとっては、温かい思い出が溢れる懐かしい一品なのです。今回は、この懐かしい大好物を教わることができて、大変嬉しかったです!

 

CacioEPepe.jpg

 

What's more, thanks to Professor Hideko Colton, I learned that it's surprisingly easy to make: a lesson for which I am most grateful. So, why not watch the video and give it a shot yourself?

-> http://www.fujisankei.com/video_library/cook/leek.php
その上、ひでこコルトン先生のおかげで、びっくりするほど簡単に作れるということも分かり、とても有り難く思っています。

皆さんも、どうぞビデオをご覧になり、是非お試し下さい! 

http://www.fujisankei.com/video_library/cook/leek.php

 

By the way, I'll be appearing more on this show  (Ima Shun Cooking AKA "Cooking Now in Season"), so get ready for future episodes!

僕は、これからも「いま旬クッキング」に出演いたします。どうぞ更なるエピソードにもご期待下さい!

 

 

Alex York
アレックス・ヨーク


ツイート  LINEで送る
September 14, 2013 4:15 PMComment(0)

Special Edition: Alex in Italia, Part 2! / 番外編:アレックス・イン・イタリア、その②

* Check out my new episode of The NY Ramen Files on FCI! I feasted on rich, Hakata style pork bone ramen noodle soup at the first New York City branch of Hide-Chan Ramen….and I had a chance meeting with a famous veteran television reporter! Check it out:

-> http://www.fujisankei.com/video_library/ramen/ramen07.php

* The NY Ramen Filesの新エピソードがFCIで見られます!博多豚骨ラーメンで有名な「秀ちゃん」のNY第一号店で濃厚なラーメンを満喫していたら、あの偉大なベテランレポーターと偶然ご対面!どうぞご覧になって下さいね。♪(´ε`)

 
Hey guys, Alex York here! Reveling in the memories of my Italian holiday, I bring you, "Alex In Italia: Part 2"!
こんにちは、アレックス・ヨークです!イタリアの旅行の思いを馳せながら「アレックス・イン・イタリア:その②」をご紹介いたします!
 
LookingOverPositano.JPG
 
Whether sea vistas or nightscapes, I was baffled by the beauty here. Positano really is a surreal place.
海景色でも、夜景でも、風景のあまりの美しさにうっとりばかりでした。ポジターノは、正に現実離れした街です。
 
PositanoDusk.JPG
 
Regarding food, I'd like to feature one special dish, a favorite of mine:
Spaghetti alle vongole!
料理に関しては、大好きな一品をフィーチャーしたいと思います。
スパゲッティ・アッレ・ヴォンゴレです!
 
SpaghettiAlleVongole.JPG
 
A coastal town, Positano uses seafood en masse in its local cuisine. The clams here, kindly de-shelled in advance, were superlatively fresh, plump, and sweet. The al dente (firm to the tooth) spaghetti provided a perfectly contrasting texture. The grade A olive oil, freshly pressed and bright green, boasted a surprising depth of flavor as well!
海岸にあるポジターノのご当地料理では、やはり魚介類が幅広く活用されていますね。丁寧に殻を取り除いてあった浅蜊は、超新鮮で、ふっくらしていて、旨みも加わり、非常に楽しめました。アルデンテ(コシのある)スパゲッティはぴったり合う対照的な歯ごたえでした。そして、搾りたての高級なオリーブ・オイルは鮮やかな緑色で、驚くほどコクがありました!
 
FamilyOrigin.JPG
 
On a personal note, according to my parents, my maternal ancestors trace back to this region and emigrated to America in the early 20th century. Familiar with tranquil, verdant hills, these ancestors must have been dumbfounded by the skyscrapers and hustle bustle of New York City when they arrived there.
個人的な話ですが、両親によると、母方の先祖は時代を遡り、この地域から20世紀初めにアメリカに移民してきました。のどかな緑の丘陵を見慣れたその先祖は、ニューヨーク市に着いたら摩天楼とざわめきに当惑したに違いないでしょうね。
 
Well, that is it for today! Stay tuned for next time, when I will return to my hometown, The Big Apple.
それでは、今日は以上です!次回は故郷のザ・ビッグ・アップルに帰りますので、お楽しみにね!
 
Alex
アレックス

ツイート  LINEで送る
August 21, 2012 7:06 AMComment(12)
1 2

Profile

Alex ALEX YORK

New York City born and raised, singer-songwriter Alex York draws influences from an eclectic mix of music legends, from David Bowie and The Beatles to Japanese greats Southern All Stars and Misora Hibari---all the while soaking up the fresh stylings of his own generation's pacesetters. He is also a strong supporter of Japan's reconstruction efforts after the 2011 earthquake/tsunami disaster, and he donates 20% of his profits to disaster relief.
ニューヨークで生まれ育ったシンガーソングライターのアレックス・ヨークは、彼の世代の斬新的なアーテイスト共鳴すると同時に、デヴィッド・ボウイ、ビートルズ、更にサザンオールスターズ、美空ひばりに至るまで、洋楽邦楽に囚われない伝統的な様々なジャンルの音楽の影響を受ける。親日家として知られるアレックス・ヨークは、1日も早い日本の復興を願い、活動利益の2割を震災救援の寄付に充てる。

rss youtube twitter facebook

facebook

Music Player

Recent Posts

カテゴリー/Categories

月別アーカイブ/Archives

Search

FCI TV SCHEDULE
放送局・スケジュール

Back to Page Top